フォト

↓ご来訪者数↓

↓管理人作成↓

  • 埼玉の石油王~日々鉄道小景2

↓クリックご協力お願いします↓

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

【ご注意】

  • ◆本サイトはリンク・コメント等フリーです。質問、記事への感想などありましたら、どうぞお気軽にコメント下さい。
    ◆本サイトに掲載されている記事及び写真の著作権は、全て管理人である埼玉の石油王に帰属します。本サイト掲載の記事・写真の無断転載、有償・無償での配付を禁止します。
    ◆本サイトに掲載されている記事の内容は、管理人が最良と思われる方法を紹介したものですが、実際の撮影の成果を保証するものではありませんので、予めその点をご留意頂ければ幸いです。
無料ブログはココログ

« 【撮影地情報】五能線 岩館-大間越 | トップページ | 大変ご無沙汰しています・・・ »

2009年8月20日 (木)

解説~花火の撮り方(3)

いよいよ夏も終わりに近づいてきました・・・
今年は余り夏らしい天気の日がなく、ちょっと残念でしたが、先週なんかはとてもいい天気で気持ちが良かったですよね!

さて、花火の撮り方シリーズで解説がまだ終わっていなかった最後の1点「フラッシュはたかない」について、簡単に解説します。

皆さんの中には「フラッシュをたく=画面の中のものが全てはっきり明るく撮れる」と勘違いされている方がいらっしゃるかも知れませんが、実際は違います。フラッシュはその機種にもよりますが、原則「カメラの半径1~2メートル程度の範囲内」しか照らすことができません。

したがって、もし花火に向かってフラッシュをたいても到底フラッシュの光は届かず、逆に手前の草や、前の人の頭(!)などがはっきり写ってしまうという事態になります(^^;;)

これを防ぐためには、前に申しましたように「カメラを地面等固定できる場所において撮る」事を徹底して、フラッシュに頼らないことが重要です。
ちなみに、私が撮影している花火の写真は1枚もフラッシュをたいていません。姉妹ブログに掲載していますので、興味のある方はご覧になって下さい
埼玉の石油王~日々鉄道小景2
ここで疑問がある方もいらっしゃるかも。「でも花火をバックに彼女(彼氏)の写真を撮りたいんだけど、フラッシュたかないと顔がぜんぜん見えないんだけど・・・」
この問題を解決するには、専門的な技術として「フラッシュのスローシンクロ」という技法が必要になりますが、大抵のコンパクトカメラやまして携帯カメラでは、そのようなシステムは無いと思いますので、ここではもっと簡単な対処法をご紹介しておきましょう。

①撮り方の基本は、コレまでの解説どおり「なるべくどこか固定された場所にカメラを置いて撮る」、「フラッシュはたかない」です!
②ただ1点申し上げたポイントの「画質を少し暗めに」というのは人と一緒に撮る時はやめておきましょう。少しでも人の顔が明るく撮れるようにするためです。
③被写体の彼女(彼氏・・・でなくても良いですよ(笑)お父さん、お母さん、お子さんでもOKです(^^))に「シャッターを押してから1~2秒程度」動かないでいてもらいましょう。(←ココが重要!) 前も言ったとおり、花火を撮っているときは「シャッタースピードが遅く」なりますので、被写体が動くとブレてしまいます。ほんの少し動かないでいてもらうだけで、たぶんとてもきれいに花火をバックにした写真が撮れると思いますよ!

以上を守って、あと短い夏休みですが、花火大会があれば撮影を実践してみて下さいね!(*^-^)  それでは~

« 【撮影地情報】五能線 岩館-大間越 | トップページ | 大変ご無沙汰しています・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解説~花火の撮り方(3):

« 【撮影地情報】五能線 岩館-大間越 | トップページ | 大変ご無沙汰しています・・・ »