フォト

↓ご来訪者数↓

↓管理人作成↓

  • 埼玉の石油王~日々鉄道小景2

↓クリックご協力お願いします↓

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

【ご注意】

  • ◆本サイトはリンク・コメント等フリーです。質問、記事への感想などありましたら、どうぞお気軽にコメント下さい。
    ◆本サイトに掲載されている記事及び写真の著作権は、全て管理人である埼玉の石油王に帰属します。本サイト掲載の記事・写真の無断転載、有償・無償での配付を禁止します。
    ◆本サイトに掲載されている記事の内容は、管理人が最良と思われる方法を紹介したものですが、実際の撮影の成果を保証するものではありませんので、予めその点をご留意頂ければ幸いです。
無料ブログはココログ

2010年4月25日 (日)

◆ご無沙汰しておりました◆曇り空での撮影

すっかりご無沙汰しておりました。ボチボチ再開できればと考えています。
今日は曇り空のときの写真の撮り方です。
特に桜などの花を被写体にしようと思うと、曇り空には映えません。
(1)の写真ですが、空の白と桜のピンクが混ざってしまい、なんだかよく分からない写真になってしまっています。

(1)曇り空で桜のピンク色が映えません・・・

No2

プロの方なら、天気になる日を待って撮影すればいいのかも知れませんが、我々アマチュアは休日以外の活動はなかなか難しい状況。。。そんなときは構図を工夫してみましょう。
基本は空を入れない構図で撮るようにすれば、少しはましになります。
たとえば(2)の写真。同日のほぼ同じ時刻に同じ場所(ややポイントは線路よりに移動しましたが・・・)で撮ったものです。

(2)空を入れない構図

No1

これなら曇り空という事が分からずに済みますよね!あとは今のデジカメなら家で画質補正が出来るので、少し明るめに補正すれば、曇りで露出が落ちた分をカバーできます。
(2)の写真のように被写体をボカすのもひとつの作戦です。

天気が悪いときのポイントは
・空を入れない
・被写体ボケを利用した大胆な構図を取る
の2つでしょうか・・・

それではまた!

2009年12月 1日 (火)

2010年カレンダーを作成しました!

こんばんは(^^)ご無沙汰してしまいました・・・ 鉄道趣味振興のため(?)、というか自己満足のため(笑)、撮り下ろしの自作写真7枚を使って2010年のカレンダーを作ってみました。我ながらそこそこのものが出来たのではないかと思っています(笑)鉄道写真に興味の無い、一般の方でも楽しめる風景写真が中心の写真となっていますので、もしよろしければ、印刷代・通信費等の実費相当額(1冊500円。送料込)で頒布させて頂きたいと思います。 詳細は下記ブログをご覧下さい(私の別ブログに飛びます)↓
2010年カレンダー頒布について

2009年9月27日 (日)

データが消えた!?

先ほど、写真の編集をしようと思い、ふとPCのメディア差込口を見ると、CFが刺さったままに!そういえばシルバーウィークでの写真をダウンロードしようと思って、23日に突っ込んだまま、うっかりダウンロードするの忘れてた!( ̄Д ̄;;

あわてて何度も入れ挿しするも、うんともすんともいわず、カメラにさしたら「フォーマットしますか?」の恐ろしい文字が!!……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

せっかく岩手まで行って撮ってきた写真が全てパアか???!!!

焦りつつも、AOS社のファイナルデータ(復旧ソフト)をダウンロード購入して、試してみたところ、全て問題なく開けました。ヽ(´▽`)/

皆さんも撮ってきたデータのダウンロードはお早めに。

あと万が一を考えて、復旧ソフトの購入は考えておいた方が良いでしょうね。

都合5300円の出費なり…まあデータ復旧センターに依頼すれば20000円くらい平気でかかるから、安いものか…

とりあえず復旧できて一安心でした(^^;;)

2009年9月26日 (土)

高速休日1,000円について

民主党政権が誕生し、高速無料化というアホな政策(後述します)を謳っていますが、今日は休日ドライブについて、一言。
今回のシルバーウィーク、高速道路1,000円効果もあり、高速を利用された方も多かったのではないでしょうか?各地でGW以上の渋滞が発生したとのニュースもあり、私もNEXCOの渋滞予測を見ながら、なるべく渋滞を避けるべく、連休中日(21日)の午後出発して、23日夕方帰宅というパターンで、埼玉(久喜IC)から岩手の北上江釣子ICまで東北道で行きました。
…が、もうかなりの距離、東北道を走っていますが(サンデードライバーで年間15000キロ程度。東北道も青森までの全線を複数回往復したことがあります)、宇都宮以北(~岩手県まで!)で混雑もしくは渋滞(宇都宮以北の夕方下りで右側車線が混んでいるとは!!)している状況に初めて接し、びっくりしましたΣ( ̄ロ ̄lll)

個人的に、高速1,000円化(今後は無料ですか…)によって、多くの車が流入したことで、これまでの交通状況が劇的に変化してしまったことは間違いないようで、今後大小多くの事故やトラブルが起こるのではないかと心配でなりません(すでにかなり事故が発生しているようですが)

「安ければ、無料であれば何でも良い」というのではなく、どの程度のサービスにどの程度の対価を払うのが適当なのかを考えた上で対価設定をするべきで、そういう意味では、個人的には以前の「深夜50%割引」の範囲を拡大する程度の対価が適当なのではないかと考えます。ましてや、無料なんてありえない!(高速道路が途中で突然崩れたりせずに運転できるのは、莫大な維持投資をしている為で、無料化によってその財源をどうするつもりでしょう???)

・・・政策批判は置いておくとして(笑)、高速道路に車が殺到することによる「渋滞の発生」・「事故の発生」を最小限に食い止めるために、ぜひ以下のような点に留意して運転して頂ければと思います(特に1,000円化になってから初めて高速に乗るような方)。

①右側の追い越し車線は、原則空けるようにして下さい。
右側の追い越し車線を法定速度で走ると、必ず後ろからあおられたり、左から追い越されたりして、事故を招きます。特に普段慣れていない方は、急に左から抜かされるとびっくりしてハンドル操作を誤る可能性があり、非常に危険です。「右で追い越したら、左に戻る」事が原則(渋滞時は仕方ないですが…)だと思っていてください。

②混雑(渋滞)時にむやみにブレーキを踏むのは避けましょう。
高速を一般道と同じ感覚でフットブレーキを使うと、ブレーキランプが点灯し、後続車も次々にブレーキを踏む→結果、渋滞を巻き起こします。高速では前車との間隔を一定に保ち、距離が縮まりそうになったら、なるべくエンジンブレーキで対処しましょう(もちろん追突事故を防ぐために、危険領域では遠慮なくフットブレーキを使います。が、むやみにブレーキランプを点灯させないということです)。

③一般道の活用も検討して下さい。
追加で1,000円を払うのをケチって、高速に乗り続けることは渋滞の長期化を招きます。
多少の追加出費にはなりますが、以前より安いことを考えれば、渋滞がひどくなる手前のICで降りて、一般道を走り、渋滞解消されたICから乗り直すという選択も重要かと思います。ちなみに私は夕方東北道の上りを使うときは、渋滞の名所、「那須IC」で降りて、県道30号線(矢板那須線)で矢板ICまで行き、そこで乗り直すようにしています。

「いいじゃん、自家用車なんだから、法定速度で安全運転さえしていれば、どんな運転しようと勝手だろ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いろいろな立場のドライバーがいます。のんびりレジャーで使う人もいれば、特に超過勤務状態でスケジュール通りに到着しないといけないトラックドライバーの方や、急いでいる方もいらっしゃいます。
高速は、速度が出ている分、いろいろな人の思惑で統率が取れないことが、重大事故(死亡事故)につながりかねませんので、出来るだけ、少しずつでも皆さんが協力し合うことが大切なのではないかと思います。

本当は、一定間隔で走る全自動運転システムが出来れば、渋滞はまったく解消されるんでしょうけどね(笑)まだまだ先の話かも知れません(^^;;)

2009年9月20日 (日)

大変ご無沙汰しています・・・

今月は仕事等でバタバタしており、本当にご無沙汰してしまいました・・・
結局撮影も1度も行けていませんでした(泣)
この連休を使って、少しは気分転換に出かけてきたいと思っています。また成果はご報告しますね!

さて、民主党政権になって、国全体が活性化されることを期待されている方も多いのではないかと思いますが、正直な所、旅行で地方都市や農村を見て回っていますが、なかなか都市部以外の地域で活性化というのは厳しいのではないかと感じる今日この頃です。
中小私鉄業者も苦労しているようで、最近特に、何か自分自身の趣味を活かして地域活性化が出来ないか考えている次第です。

いくつか案はあるのですが、いずれ近いうちに発表できればと思います。
すでに、お祭りの紹介などで地方都市を紹介しているので、それも少しは役に立っているのかも知れませんが(笑)

もう少し準備が出来たら、またご報告します!

それでは~今日は写真が無くてすみませんm(_ _)m 皆さんも良い連休を!

2009年8月20日 (木)

解説~花火の撮り方(3)

いよいよ夏も終わりに近づいてきました・・・
今年は余り夏らしい天気の日がなく、ちょっと残念でしたが、先週なんかはとてもいい天気で気持ちが良かったですよね!

さて、花火の撮り方シリーズで解説がまだ終わっていなかった最後の1点「フラッシュはたかない」について、簡単に解説します。

皆さんの中には「フラッシュをたく=画面の中のものが全てはっきり明るく撮れる」と勘違いされている方がいらっしゃるかも知れませんが、実際は違います。フラッシュはその機種にもよりますが、原則「カメラの半径1~2メートル程度の範囲内」しか照らすことができません。

したがって、もし花火に向かってフラッシュをたいても到底フラッシュの光は届かず、逆に手前の草や、前の人の頭(!)などがはっきり写ってしまうという事態になります(^^;;)

これを防ぐためには、前に申しましたように「カメラを地面等固定できる場所において撮る」事を徹底して、フラッシュに頼らないことが重要です。
ちなみに、私が撮影している花火の写真は1枚もフラッシュをたいていません。姉妹ブログに掲載していますので、興味のある方はご覧になって下さい
埼玉の石油王~日々鉄道小景2
ここで疑問がある方もいらっしゃるかも。「でも花火をバックに彼女(彼氏)の写真を撮りたいんだけど、フラッシュたかないと顔がぜんぜん見えないんだけど・・・」
この問題を解決するには、専門的な技術として「フラッシュのスローシンクロ」という技法が必要になりますが、大抵のコンパクトカメラやまして携帯カメラでは、そのようなシステムは無いと思いますので、ここではもっと簡単な対処法をご紹介しておきましょう。

①撮り方の基本は、コレまでの解説どおり「なるべくどこか固定された場所にカメラを置いて撮る」、「フラッシュはたかない」です!
②ただ1点申し上げたポイントの「画質を少し暗めに」というのは人と一緒に撮る時はやめておきましょう。少しでも人の顔が明るく撮れるようにするためです。
③被写体の彼女(彼氏・・・でなくても良いですよ(笑)お父さん、お母さん、お子さんでもOKです(^^))に「シャッターを押してから1~2秒程度」動かないでいてもらいましょう。(←ココが重要!) 前も言ったとおり、花火を撮っているときは「シャッタースピードが遅く」なりますので、被写体が動くとブレてしまいます。ほんの少し動かないでいてもらうだけで、たぶんとてもきれいに花火をバックにした写真が撮れると思いますよ!

以上を守って、あと短い夏休みですが、花火大会があれば撮影を実践してみて下さいね!(*^-^)  それでは~

2009年8月18日 (火)

【撮影地情報】五能線 岩館-大間越

昨晩秋田・青森への遠征から戻ってきましたヽ(´▽`)/ 写真の詳細につきましては、姉妹版ブログ「日々鉄道小景」を見ていただくとして(詳しくはこちら↓)
埼玉の石油王~日々鉄道小景2
こちらのブログでは今回の遠征での撮影地情報を記載します。皆さんの撮影の参考になればと思います。 この写真↓は、秋田と青森の県境(大間越~岩館)にあるレストラン(食堂)付近からの撮影です。
20090816_037_coco

国道101号線沿いの食堂(秋田県から青森に入ったすぐの食堂です。イカヤキが有名!)が目印。ただ、大間越からも岩館からも徒歩では5キロ以上歩くことになるので、車利用が便利です。駐車スペースはありますが、食堂利用の方の邪魔にならないようにご配慮下さい。昼前後から順光。100mm以上の望遠レンズの方が良いでしょう。(写真は125mm)

地図はこちら↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=40.43501399946662&lon=139.94162657045135&z=16&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=40.495351219452&hlon=139.95325662874&layout=&ei=utf-8&p=

ランキング参加中↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ

2009年8月17日 (月)

【現在遠征中】 能代@秋田より~五能線撮影地情報

こんばんは。現在夏休みを取得して秋田方面に遠征中ですので、記事がアップできず申し訳ないですm(_ _)m

別ブログ↓のほうでは写真(五能線)をアップしましたので、ご覧下さい!

http://sekiyu-oh.blog.so-net.ne.jp/

せっかくですので、このページでも五能線の写真をアップして撮影地情報にしちゃいますヽ(´▽`)/

Img_6763_1

五能線 深浦~広戸間の国道101号線より撮影。歩道がありますので、危険性はありません。広戸駅より3キロ程度。徒歩30分くらいでしょうか・・・
午後が順光になります。

地図はこちら↓

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=40.659451229050276&lon=139.93790297704947&z=16&mode=map&pointer=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=40.656195610297&hlon=139.97000365454&layout=&ei=utf-8&type=static&v=2

2009年8月15日 (土)

解説~花火の撮り方(2)

こんばんは。ヽ(´▽`)/

昨日に引き続き、花火のきれいな撮り方の理屈を少々。

撮り方のポイント①カメラをどこかに置いて撮りましょう!については、昨日解説済みですので、今日は ②明るさの調節をやや暗め(マイナス)の設定に!という点について、簡単に解説します。

昨日のおさらいですが、花火を撮る際にブレないようにするためには、暗い場所ではシャッタースピードが遅くなる(=たくさん光を当てるため、シャッターの開く時間が長くなる)カメラのオート機能があることから、地面等に置いて撮ることが有効だと申し上げました。

逆を言えば、光の量が機械が測定した数値よりも少なくても済むのであれば、より早い(=光の量を少なく当てても良い)シャッタースピードでシャッターが切れるはずです。

通常のカメラは、花火が上がる前の暗い状態で光の量を観測しますので、「非常に暗い!」と判断してシャッタースピードを自動で遅く設定しがちです。ところが、実際の花火はかなり明るい場合があり、機械が設定したとおりのシャッタースピードだと明るすぎる場合があるのです。であれば、やや暗めの設定にしても通常は問題ないはずで、オート設定よりも少しは早いシャッタースピードでシャッターを切ることができ、わずかですが手ブレを防ぐことが出来るのです!

要は、昨日話したブレない写真を撮るための一つのテクニックだということですね( ̄▽ ̄)

ご参考にしていただければうれしいです。それでは~皆さん良い週末を!(* ̄0 ̄)ノ

気に入りましたらクリックして頂ければ幸いです↓
人気ブログランキングへ
下記のブログも絶賛更新中!宜しければご訪問下さい!!
埼玉の石油王~日々鉄道小景2

2009年8月13日 (木)

解説~花火の撮り方(1)

昨日の記事で書いた花火をきれいに撮るポイントについての解説をする前に、簡単なカメラの仕組みをご紹介しましょう。ちょっと難しいかも知れませんが、コレを理解しておくと写真の理論の半分以上はマスターしたことになりますので、是非読んでみてくださいね!

下の図(クリックすると拡大します)のように、写真を撮る仕組みは「被写体が太陽などの『光』を反射しているとき、その『反射した光』を取り込む(焼き付ける)」ことによって、画像として記録されます(昔(!?)はフィルムだったので焼き付けるという言い方をしました)。

090813rev_3

ということは、その「取り込まれる光の量」によって写真の明るさが変わってくるということ。

当然ながら、太陽の出ている昼間の方が、夜よりも光の量が多いので、明るい写真が撮れますよね!

さて、このとき光の量を昔でいう所のフィルム、今で言うところのSDカードに記録するときに重要な要素として3つあり、それぞれ①感度・②シャッタースピード・③レンズの絞りといわれています。

それぞれの詳しい解説は後ほど行うとして、このうち②のシャッタースピードが花火の撮影では大きく影響してきます。シャッタースピードとは、シャッターが開いて画像を記録している時間のことで、シャッターの開く時間が長い(=シャッタースピードが遅い)ほど、たくさん光を取り込める代わりに、その間はシャッターが開きっぱなしなので、手ブレ等による光のブレも記録してしまうのです。

先ほど言ったように、花火が行われる夜は暗い=光の量が少ないので、カメラは自動的により多くの光を取り込もうとします。すると、携帯カメラやごく簡単なコンパクトカメラでは、シャッターの開く時間を長くする(=シャッタースピードを遅くする)ことで、より多くの光を取り込もうとするため、同時に手ブレによる光のブレを記録してしまう場合が多いのです。

花火を撮るときにブレた写真が多いのはこのためで、プロやハイアマチュアのカメラマンは三脚を使ってカメラを固定しますが、なかなか皆さんが行かれるときには三脚を担いでいかないと思いますので(笑)、他のもの(缶ビール(!)やベンチの背もたれ等)でカメラを固定しようということを申し上げたわけです。

手で持っている時のブレというのは、普段の明るさで写真を撮ると、それほど気になりませんが、シャッタースピードが遅くなる夜間、さらに花火など光の跡がはっきりしている被写体のときは非常にそのブレが目立つようになります。

写真の三大要素の残る二つについてや、花火の撮り方で申し上げた点のもう少し詳しいお話はまた後ほど・・・

それでは~(^^)/

下記ブログも絶賛更新中!見に来て下さいね~サクランボの花火を撮ってみました!

埼玉の石油王~日々鉄道小景2

ブログランキング参加中!気に入りましたらクリック頂ければうれしいです!!

人気ブロ
グランキングへ

«花火を簡単・きれいに撮る方法!